貯金箱

売りアパート活用で低コスト賃貸~初期投資の節約が勝敗を分ける~

不動産投資

集合住宅

不動産投資の傾向

不況によって将来に不安を持つ方が多くいます。そんな中で今後の生活の保障として投資を行う人や興味を持つ人が増えています。用意できるお金や負うことのできるリスクによって資産運用の事例は様々です。 例えば、アパート経営は1棟丸ごと所有するので多額の初期費用が掛かります。しかし、金融機関のアパートローン等を活用することで少額の資金で始めることができるので失敗は少ないです。また、副業として認められているのでサラリーマンや公務員でも行うことができます。 資産運用として、銀行に預けた場合、失敗はしませんが金利が低いので利益は見込めません。その点アパート経営には失敗することもありますが、安定した収益が期待できるので今後の増加が見込まれます。

大家が気を付けること

大家が気を付けなければならない点として空室のリスクがあります。アパート経営の利益は入居者からの家賃収入です。もちろん、入居者がいない部屋からは家賃を得ることができません。むしろ、維持費だけがかかるので大家にとっては赤字です。また、アパートローンを活用している事例では、毎月の家賃収入から返済を行っています。空室が多ければ返済ができず、多額の負債を負うことになります。初期費用が多額なため、一度アパート経営に失敗したら取り返しがつきません。他にも、急にお金が必要になった事例では、建物があるためにすぐに現金化できないなどの注意点があります。大家はこのような事例があることを知ったうえでアパート経営を行う必要があります。

Copyright ©2016 売りアパート活用で低コスト賃貸~初期投資の節約が勝敗を分ける~ All Rights Reserved.