貯金箱

売りアパート活用で低コスト賃貸~初期投資の節約が勝敗を分ける~

豊かな老後を迎えるために

アパート

不動産投資がおすすめ

投資が大きな注目を集めています。老後不安が広がっている現代の日本では、若い時から老後資金を蓄える必要性が高まっています。老後資金を蓄えるために投資を始める方が増加しており、今後は副業で投資をする方がさらに増加すると予想されています。投資と一言で言っても、大きく3つの投資方法があります。その3つとは、株式投資、債券投資、不動産投資です。この3つの投資方法の中で、どれを始めたらいいのか迷われている方は多いのではないでしょうか。結論から言うと、不動産投資が最もおすすめです。株式投資より変動リスクが小さく、債券投資より大きな利益を得られるのが不動産投資の魅力です。また、日々携わる必要がないため、副業として最適な特徴があります。

副業として最適な投資対象

最もおすすめな不動産投資は、投資対象によりさらに細分化することができます。主に商業ビル経営、マンション経営、アパート経営に分けることができ、それぞれ特徴が異なります。商業ビル経営は、投資額が非常に大きいほか、収益が経済動向に大きく左右される特徴があります。マンション経営は商業ビルと比較すると安価ですが、それでも数億円以上は初期投資額として必要です。そのため、商業ビル経営もマンション経営も、最初に手掛ける不動産投資には適していません。それに対しアパート経営は、数千万円の初期投資額から投資が可能です。自己資金は数百万円があれば良く、残りは金融機関からの借入でまかなうことができます。サラリーマンの方であれば金融機関のローン審査に通りやすいため、副業として行うことができます。また、アパート経営は管理会社が全ての管理を行ってくれるため、日々何かをする必要はありません。本業に集中することができるのも、アパート経営の魅力です。

Copyright ©2016 売りアパート活用で低コスト賃貸~初期投資の節約が勝敗を分ける~ All Rights Reserved.